ホルモン

アンチエイジング

アンチエイジングとホルモンについて


アンチエイジングを語るとき、活性酸素と同じくらい重要なのがホルモンの問題です。
ホルモンは心身ともにひとの健康に大きな影響を与えるため、アンチエイジングには欠かせません。

普通、30代、40代あたりから、いろいろなホルモンの分泌が減少していきます。ヒト成長ホルモン、メラトニン、DHEAと呼ばれるホルモン、女性ホルモンのエストロゲン、男性ホルモンのテストステロンなど、減少していくものはたくさんあります。

ヒト成長ホルモンは、若いときに背が伸びたりするのに欠かせないホルモンですが、おとなになってからも分泌され、代謝をよくしたり免疫力を高めたり皮膚の衰えを防いだり実にたくさんの作用があり、若さを維持するのに大切なホルモンです。


DHEAはアンチエイジングに特に重要なホルモンで、副腎でつくられるすべてのホルモンの源です。
筋肉を増やして脂肪を減少させたり、性ホルモンの維持といった働きがあり、減少すると免疫力が落ちたりもします。

アンチエイジングとホルモンはこのように、とても関係が深く、ホルモン減少によって、元気がなくなる、筋力や視覚能力が低下、性的なエネルギーが落ちる、筋肉の量の減少、骨粗しょう症になりやすくなる、肌の柔軟性が失われてくる、更年期障害といったような、まさに体と心の老化現象が引き起こされるのです。抗酸化作用のあるホルモンもあります。


アンチエイジングとして、ホルモンの減少を極力遅らせ、最小限にとどめましょう。適度な運動やストレス解消、質のよい睡眠などを心がけましょう。

女性ホルモンの分泌には恋をするのもとてもいいんだそうですよ。

ホルモン補充療法というものがありますが、ホルモン分泌の具合には個人差も大きいですし、副作用の問題もあり、必ず必要だともいえないようです。気になったら、専門のお医者さんに相談してみましょうね。