アンチエイジングとワイン

アンチエイジング


アンチエイジングで再び注目されているポリフェノール。

ポリフェノールは単体のものではなく、果物や緑茶などに含まれる、色素や苦味成分の総称です。カテキンもポリフェノールの一種なのですね。

アンチエイジングとポリフェノールの関係は?
以前は、血液をさらさらにして動脈硬化などを防ぐポリフェノールを含む赤ワインを飲もう!とテレビなどで話題になりました。それも抗酸化作用があるからということなので、アンチエイジングですね。

ワインもいいのですが、アンチエイジングを考えるとき、ワインはお酒なのでアルコールがたくさん含まれています。
アルコールは酸化を促してしまうものなので逆効果。


少量なら、お酒は「百薬の長」といわれるくらいなのでいいのですが、たくさん飲むとかえって健康によくありませんし、欧米のひとに比べて日本人はお酒に弱いひとも多いですね。

できればたまねぎやごぼうなどの野菜や、お茶、ココア、大豆製品、そばなどの食品からとるようにしましょう。