肌のしくみ

アンチエイジング

アンチエイジングで肌のお手入れをするには、まず肌のしくみを知りましょう。
皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織、の3層でなりたっています。

表皮は一番外側が角質層、一番内側が基底層です。

基底層で新しい表皮細胞がつくられて、徐々に表面へ押し上げられていき、角質層を形成します。
それがやがて垢となって剥がれ落ちていきます。
この、表皮細胞として生まれて垢となって剥がれ落ちるまでをターンオーバーと呼んでいるのです。
女性はよく耳にする言葉ですよね。
このターンオーバーは一般的に28日間といわれますが、実はこの肌の新陳代謝は加齢とともに時間がかかるようになるのです。そうすると、角質層が乱れて角質が厚くなり、しみや肌荒れの原因につながります。

もうひとつ、表皮の下の真皮。
アンチエイジングや化粧品の説明などでよく耳にするコラーゲンという繊維性のたんぱく質が網の目状になっているところです。また、エラスチンという弾力のある繊維も混ざっています。
この2つの繊維の間に毛細血管やリンパ管があり、汗腺や皮脂腺などもあるのです。


肌の弾力や潤いはこの真皮の状態が大きく関係しています。