皮膚の老化とは・・

アンチエイジング


アンチエイジングでいわれる4つの肌の老化原因のひとつに皮膚が加齢とともに薄くなっていくことがあります。


これは真皮のコラーゲンエラスチンといった繊維が減少していくのが原因だといわれています。
これらの繊維は肌の弾力や自然の保湿力と深く関わっているので、しみ、シワなどの原因にもなります。

皮膚が薄くなるもとは、特に更年期以降急速に進む女性ホルモンの減少だと考えられています。

女性ホルモンはコラーゲンの生成を促し紫外線の悪い影響を受けにくくするといわれています。
また減少は新陳代謝も悪くさせます。

アンチエイジングで体全体の老化を遅らせましょう。サプリメントなどを活用するのもいいかもしれません。

肌にはなんといってもビタミンC。コラーゲンの生成を促しますし、ストレスに対してホルモンの分泌を活発にしてくれる効果も期待されているものです。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ作用がありますね。
ビタミンAのひとつレチノールも皮膚を丈夫にしたり代謝を促したりするといわれています。