喫煙

アンチエイジング

アンチエイジングにタバコは悪い、そんなこといわれなくても・・・と返ってきそうですが、でも吸っていませんか?
アンチエイジングにタバコは悪いです。


もちろん、健康に悪いですね。肺がん、心筋梗塞、動脈硬化などのリスクを高めます。
禁煙により減らせる年間死亡者数は日本だけで10万人なんていう話もあるんですよ。

アンチエイジングの観点からいうと、肌へのダメージも見逃せません。
すぐにはわからないかもしれませんが、長期的にみれば、シワやしみ、水分不足などをもたらすと考えられます。


よく、ストレス解消にタバコを吸うというひとがいますが、たいていニコチン切れによるイライラだそうです。一度禁煙に成功したことのあるひとならわかる気がしますよね。


タバコは、周囲のひとにも悪い影響を与えてしまいます。他のひとのアンチエイジングも阻害しちゃうのですね。


もしどうしてもやめられない、どうしても吸うひとが近くにいるというときは、ビタミンCをたくさんとるようにしましょう。
でも、アンチエイジングにはタバコはやっぱりダメです。