入浴

アンチエイジング


アンチエイジングに入浴をうまく生かすにはどうすればいいでしょう。
日本人ってお風呂好きですよね。温泉も好きですし。

単純に体をきれいにして、さっぱりするという以上のものをお風呂に求めているのではないでしょうか。


最近はデトックスが流行りなので、お風呂を汗をかく場として利用しようということもさかんです。そのようにアンチエイジングにとってお風呂は、それを具体的に美容や健康に生かしていこうとする考えもあります。
が、どちらかというとリラックスの側面が大きいと思います。


入浴時間や温度に関しては、医療や美容などの専門家によっていろいろな考えがあり、一般的によくいわれる「ぬるめのお湯に長く入っていることがいいことだ」とは断言できない面もあるからです。
「長風呂はよくない」というのも耳にすることがときどきあります。


でも、そのリラックス効果はだれもが認めるところ。

アンチエイジングとリラックスとは美容面でも心身の健康面でも強いつながりがあります。


いやなことはなーんにも考えないで、楽しいことだけ考えながら、筋肉のこりをほぐし、ぼーっとお風呂に入りましょう。