アーユルヴェーダ

アンチエイジング


アンチエイジングでアーユルヴェーダが注目されています。
アーユルヴェーダはインドの伝統医学。世界最古の医学といわれていますが、いまでもとても高い評価を得ているのです。


アーユルヴェーダは人間の体を、ヴェーダ(運動エネルギー)、ピッタ(熱エネルギー・代謝)、カパ(結合エネルギー・体の構造を支配)という性質からなると考えています。この生理機能をつかさどる3つのエネルギーを「ドーシャ」と呼び、ドーシャのバランスがとれていることを重視します。

このドーシャが乱れると、心身の状態が悪くなり、「アーマ(毒素)」がたまるのです。


アーユルヴェーダでは、ハーブや規則正しい生活習慣、食事、オイルマッサージ、ヨガ、デトックスなどで、心身のバランスを整えます。治療もありますが、病気の予防を大切にします。


アーユルヴェーダは、オイルマッサージならサロンのようなところがありますが、自分で本格的にやろうとするととっても奥が深いので、習う必要がでてきます。


アーユルヴェーダの考えを上手に利用すると、アンチエイジングの健康、美容両面で大きな期待ができます。


アンチエイジングにアーユルヴェーダを生かしてみませんか?
アンチエイジングもアーユルヴェーダも生活習慣が大切です!