アンチエイジングと男性の更年期

アンチエイジング

アンチエイジングと男性の更年期の関係

アンチエイジングで乗り切らなければいけないことに更年期があります。
アンチエイジングでしばしばホルモンの減少が老化の原因のひとつといわれますが、男性にもそういうことがあるらしいのです。

男性の更年期障害の主な症状は、体の症状、だるいとか頭痛とかほてりといったもの。それと、精神的な症状、うつっぽくなる、いらいらする、不安になるというようなもの。最後に、性機能の低下です。


更年期障害は個人差が大きくなんでもなく通り過ぎてしまうひともいますが、40代くらいから始まるので、まずそういうものが男性にもあると自覚していることがアンチエイジングの第一歩になるでしょう。
アンチエイジングでは元気であることが大切ですから。


症状が出た場合の対処法は、ひとつは病院へ行くことですが、男性の更年期の認知度が高まっているとはいえ、お医者さんのなかでも否定的な考えを持っている方も多いらしいので、事前に問い合わせてみると安心ですね。
心療内科とか精神神経科などでも理解のあるところならいいわけですが、最近では男性も対象にした「更年期外来」も増えてはいるようです。


ホルモンのほかにも、性格や生活習慣などの影響も大きいようですので、ストレスをためない、睡眠をしっかりとる、適度な運動をすることはとても大切です。アンチエイジングの基本ですよね。


真面目で几帳面、頑張りすぎる方は症状が出やすいそうですよ。なんでもほどほどがいいんですね。でも性格ってなかなか変えられませんので、つらいところです。


アンチエイジングで更年期障害を乗り切りましょう!
アンチエイジングを男性も女性もしましょう!