イソフラボン

アンチエイジング

イソフラボンとは・・・

イソフラボンとは大豆の胚芽に多く含まれる新栄養素です。
この成分は、女性ホルモン(エストロゲン)とよく似た作用を持っています。
エストロゲンは様々な働きをするホルモンで、女性器官の成熟や生理をもたらし、女性特有のしなやかな身体や美しい肌を保つ働きがあります。

特に、更年期には、低下する女性ホルモンの作用を補って、更年期障害の軽減につながる作用があります。

更年期になると、女性ホルモンが不足がちになり、その結果、骨を壊す作用のある破骨細胞が異常に働いて必要以上に骨を壊してしまいます。
閉経後の女性に見られる骨粗鬆症はこのために起こります。

イソフラボンの主な働きは、下記の通りです

(1)更年期障害の緩和
(2)骨粗鬆症の予防
(3)動脈硬化の予防
(4)ガンの予防
(5)美容効果(お肌の保湿、豊胸、生理不順の緩和など)
(6)抗酸化作用

イソフラボンは必要以上に摂取した分は体外に排出されるので、過剰症の心配はありませんが、豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g(大さじ2弱)、納豆なら60g(1パック)くらいが適量とされています。