ケルセチン

アンチエイジング


フリーラジカルと戦うために身体が使用する抗酸化物質です。

肥満細胞(マストセル)の膜を安定化するのに役立ち、それによりアレルギーの症状を軽減することができます。


ケルセチンはポリフェノールの中でも特に脂肪吸収抑制効果が強く、肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼をアップする黄色の色素成分があるため、消化管で脂肪と結合することにより、脂肪の吸収を抑制します。

その結果、体内の脂肪を排出する働きを助けるため、ダイエットのサポート効果もあります。

ケルセチンは抗酸化剤としての効果のほかにも、アレルギーへの敷居値を引き上げる効果が強いため、花粉症の炎症を緩和するといわれています。
そのほかにも、脳細胞伝達物質を強化してくれますので、ボケの防止にとても効果があると考えられています。


多く含まれる食べ物は、リンゴや緑茶のほか、タマネギ、赤ワイン、松の葉などです。