スルフォラファン

アンチエイジング

スルフォラファンとは、かいわれ大根などに含まれる成分で、ピリっとする辛味の元となっているものです。
この成分は、キャベツなどのアブラナ科の野菜にだけ含まれるグルコシノレートという成分のイオウ化合物です。

フリーラジカルによってDNAが損傷を受けると、発ガンの頻度が大幅に増加しますが、スルフォラファンは損傷したDNAを修復する酵素の分泌を促すといわれています。

他にも、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなっているピロリ菌に対しても、抗ピロリ菌作用があるといわれています。

スルフォラファンは、さまざまな種類の酸化ストレスに対して、幅広く長時間に渡った保護的な栄養を与えてくれます。
活性酸素や有害な化学物質を解毒する酵素を保護するため、これらの有害物質が身体へのダメージを引き起こす前に、体外に排出する効果があります。

多く含まれている食べ物は、(発芽)ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、かいわれ大根等です。