ホルモンバランス

アンチエイジング

女性特有のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)は、年齢とともに減少します。

エストロゲンは、卵巣で作られるホルモンで、生殖器官の発達を促進し、子宮粘膜の増生促進、子宮の収縮性を高めます。プロゲステロンは、副腎や卵巣で作られ、エストロゲンの不足を補います。

年齢とエストロゲン分泌の関係は、10代で分泌が右上がりに増えていくと、乳房が大きくなり、排卵と月経が始まります。

分泌は20~30代でピークを迎えます。
40歳を過ぎると卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌は徐々に減少していきます。
これが老化を促進するのです。

50歳前後で閉経を迎え、エストロゲンの分泌は激減します。
このホルモンの減少によって、女性の体にはさまざまな影響が出てきます。更年期障害と呼ばれる、ほてり、のぼせ、動機、不眠などです。

女性ホルモンと同様の働きをするといわれる豆腐や味噌、豆乳などの大豆製品等を早い時期から積極的に摂取していくといいでしょう。