活性酸素

アンチエイジング

活性酸素について

酸素は生命活動の源ですが、その約3%が活性酸素となり、細菌などからからだを守る働きがあるといわれています。

活性酸素は通常の呼吸によって発生し、体内では殺菌作用などのプラスの働きもしますが、過剰に発生すると一転して体内の細胞を傷つけ始める有害なものに変わります。

それらを防ぐために、人には先天的にこの活性酸素に対する防衛システムが備わっています。
体内に持っている酵素や、体外から摂取するビタミンやミネラルなどで、余剰に発生した活性酸素の処理をします。

しかし限界があり、処理しきれないほど大量の活性酸素が発生すると、他の物質に対してきわめて攻撃的な「フリーラジカル(ペアになるべき相手をもたない不対電子をもつ分子)」となり、多くの細胞が損傷を受け、死滅してしまうのです。

従って、不規則な生活やストレス、紫外線などによる活性酸素の過剰発生は、からだや肌の老化の原因となります。