美白成分

アンチエイジング

皮膚が老化すると、細胞の活性が衰え、メラニンの代謝が悪くなり、色素が皮膚に溜まりやすくなります。

紫外線が皮膚内部にまで侵入すると細胞膜が破壊されたり、炎症を起こしたりするので、色素細胞はメラニン(色素)をつくり、表皮全体にゆきわたらせることによって、メラニンで紫外線を吸収し、内部への侵入を阻止しようとします。

従って、紫外線を浴びたり、皮膚が炎症を起こしたりすると、細胞の核を紫外線から守ろうとして、黒いメラニン色素を作る作用を持った表皮の一番下にあるメラノサイトという細胞が活性化されます。

部分的にメラノサイトが活性化すると、メラニン色素を沢山含む表皮細胞が層になり、しみとなります。

できてしまったしみの改善には、美白成分が配合された化粧品を使用しましょう。
代表的な美白成分としては、ビタミンCやアルブチン、エラグ酸、ハイドロキチン、イソフラボン等があります。