イチョウ葉

アンチエイジング

イチョウは、約2億5千年前から生息しているといわれている植物です。

欧米ではそのイチョウ葉エキスが1950年代から研究対象とされ、400を超える研究論文や、数々の信頼できる臨床実験が発表されています。
イチョウ葉には、ケルセチンやルチンなど10 数種類ものフラボノイドや、イチョウ葉特有の成分であるギンコライドなど、様々な有効成分が含まれており、健康維持に役立つ植物として知られています。

人間の脳細胞は140億個。しかし40才を過ぎると脳細胞が死滅するスピードがアップしていきます。
そこでボケ防止、もの忘れ防止などのサプリメントとしてイチョウ葉が利用されているのです。

イチョウ葉は脳の血管をしなやかに保ち、毛細血管の血流をよくすることで、脳細胞の働きを活性化し、加齢による記憶力の衰えや初期のアルツハイマー病の進行を遅くする効果が認められています。

また、強力な抗酸化作用もあり、アレルギー症状の改善にも有効であるといわれています。