マルチビタミン・ミネラル

アンチエイジング

私たちが生きて行く上で必要なのは、タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素。

しかしこれらがエネルギーになる際に、必要不可欠なのがビタミンとミネラルです。

例え微量でも不足すると心身両面に大きな影響を与えます。
ビタミンにはA、D、E、Kのように脂溶性のものと、B群、C、ビオチン、葉酸といった水溶性のものがあります。

一方ミネラルは、無機質とも言われ、必須ミネラルとしてはカルシウム、マグネシウム、カリウムなど16種類が挙げられています。

ビタミン、ミネラルは体内で合成することができないため、食事などから摂取する必要があります。
しかし、化学肥料や農薬により栄養素が不足した食物や、外食、ファストフードが中心の現代食生活では、必要な量を摂る事は大変難しいのです。

それぞれビタミン群、ミネラル群としてチームで働くだけでなく相互に作用し合うため、単独ではなく、マルチビタミンミネラルでバランス良く摂るよう心がけることが大切です。