コラーゲン

アンチエイジング

体内のタンパク質の約1/3はコラーゲンです。
コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ接着剤のような役割をしており、編目状(コラーゲン繊維)になって身体の構造を支えています。

コラーゲンは全身に広く分布していますが、肌や骨、腸、血管など、絶えず力がかかる部分に特に多く存在し、組織の水分保持や柔軟性、弾力性を与えています。

また、細胞の増殖を促すという特性もあるため、コラーゲンが不足していると体内組織が弱くなるばかりか、生命の基盤となっている細胞の活動にも支障をきたすことになるのです。

私たちの体内では、常にコラーゲンの合成と分解が繰り替えされていますが、加齢によってこのバランスは崩れ、分解の方が多くなるため40代以降ではぐんと少なくなります。

そのため肌のハリが失われ、シワやたるみの原因になったり、骨がもろくなったりという現象がおこります。

主な働きに、美肌効果、骨や爪の強化、血管の弾力性向上、傷の治癒促進などがあります。