アスコルビン酸

アンチエイジング

アスコルビン酸とは?

溶性のビタミンCのことで抗酸化作用が主。

アンチエイジング(しみ・しわ)として塗り薬や化粧品に配合されています。

アスコルビン酸はニキビには非常に有効で、皮脂の酸化を抑え、炎症を抑える効果があります。
もちろん内服(飲み薬)もあるが、全てが皮膚へ移行する訳ではないので、塗る方が効果的と言われています。

誘導体にはアスコルビン酸ナトリウムやアスコルビン酸マグネシウムなどがあり、濃度はある程度以上になると無意味であり、高濃度は水溶液中に溶けきれず結出してしまいます。

また高濃度ほど刺激が強く、皮膚がつっぱるなどの違和感が生じやすいので注意が必要です!